賃貸でペットを飼う場合のトラブルや東松山市のペット可物件について紹介

賃貸物件でペットを飼う場合、それが元でトラブルが起こる可能性があります。しかしどのようなトラブルが起こり得るか、それを回避するためにできることを知っておけば、冷静に対処できるだけでなく、未然に防ぐこともできます。
今回はそのような賃貸でペットを飼う場合に起こり得るトラブルや、できる限りそうならないための注意点、さらに東松山市のペット可物件の家賃相場を紹介します。

賃貸でペットを飼うならペット可の物件が前提

賃貸のマンションやアパート・一軒家にはペット不可の物件が多数あります。不可にしているのには、過去に何らかの問題が発生したり、近隣との将来的な問題の発生を防ぎたかったりと、貸す側にそれなりの理由があります。

しかしペットが飼えないことがわかっていながら「見つからなければよいだろう」と、ついつい隠れて飼ってしまう借り主もいるのは事実です。禁止されている物件でペットを飼ってはいけません。いくら家主や管理会社の目に触れないようにしても、近隣住民から通報されるなど、トラブルになることもありえます。見つかった場合は強制退去や罰金を請求されたりすることもあります。そのようなリスクもあるのに、隠れて飼うのは賢い選択とはいえません。安心して堂々と住むためには、始めからペットが飼える物件を探すようにしましょう。

ペット可物件の探し方

もっとも手軽な手段はインターネット検索でしょう。物件情報サイトの検索条件として選択したり、検索エンジンで「(地域名) ペット可 物件」といったようなキーワードで検索したりすることで、条件に合う複数のサイトを見つけることもできます。
また、実際に不動産会社に足を運び、物件探しの条件のひとつに「ペット可」をあらかじめ伝えておけば、それに見合う物件を紹介してもらうこともできます。「ペット可」物件でも、ペットの種類によっては不可の場合もあります。必ずどんなペットを飼いたいのか、伝えておきましょう。

 

賃貸でペットを飼う場合に起こり得るトラブルとは

ペットが飼える物件でも近隣住民や家主などとトラブルが起こることがあります。どんなことが考えられるでしょうか。

近隣住民とのトラブル

近隣住民と揉める原因として、騒音の問題があります。これはペットを飼っていなくても起こることがあるトラブルですが、犬や猫など、鳴いたり走り回ったりする動物を飼っている場合、その鳴き声や足音が周囲にうるさく聞こえてしまうことがあります。特に周りが寝静まった夜中や早朝に鳴き声や大きな音を出してしまうと、周りに大きな迷惑となってしまいます。

もうひとつ、騒音と並んで気を付けるべきことは、ニオイの問題です。これは主にペットの体臭や糞尿によって起こり得ます。飼い主としては生活の中で常に嗅いでいて、感じにくくなっているニオイも、近隣住民にとっては大きな問題になることがあります。ペットが飼える物件だからといって物件の居住者全員が飼っているとは限りません。近隣住民や居住者の中には動物に縁のない方やペットが好きではない方もいることでしょう。特にそのような方にとって、ペットが発するニオイが悩みの種になるのは、想像に難くないでしょう。

家主とのトラブル

家主とのトラブルとして起こり得るのは、規約違反の問題です。飼うこと自体は違反にならなくても、どのようなペットを何匹飼うのか、またどのような飼い方をするのか、といった点で違反になってしまう可能性があります。たとえば小型犬を1匹だけ飼うことが認められているのに、中~大型犬を飼っていたり、複数匹飼っていたりするケースなどが挙げられます。契約時は1匹だけ飼っていても、意図せずその数が増えてしまう時も同様です。故意に違反をしたわけでなくても、規約内容を理解していないと結果的に違反となってしまうこともあるでしょう。

 

できる限りトラブルにならないための注意点

近隣住民や家主とは、なるべく良好な関係を保ちたいものです。トラブルをできる限り避けるために、いくつかの注意点を知っておきましょう。

まず近隣住民との騒音問題については、しつけや部屋の防音に注意します。猫や犬であればしっかりとしつけをして泣くのを抑えたり、専用のマットを床に敷いたりするのが対策例です。またニオイの問題については、エサや普段のケアに注意します。体臭については、ニオイを減らすエサを与えたり、常に体をできる限り清潔に保ったりすることで対策ができます。糞尿についても、体臭同様専用のエサをあげるほか、消臭効果の高いトイレを使うのもひとつの方法です。

一方、家主との規約違反問題を避けるには、入居前に規約内容をしっかり確認するように注意します。確認の際は、たとえばペットが子どもを産んだ場合など、将来的に想定される状況も念頭におきましょう。

 

東松山市のペット可物件の特徴と家賃相場

東松山市は、高度成長期には東京のベッドタウンとして東武東上線東松山駅や高坂駅周辺を中心に発展しました。東松山駅は東口から市役所まで商店街が続いており、東松山市の中心街となっています。東京方面へのアクセスもよく、快速急行だと乗り換えなしで池袋駅に1時間足らずで到着できます。
高坂駅前はゆったりとした作りになっており、高田博厚氏の彫刻作品が通りの歩道に展示され、広い公園も点在しています。複数の大学の最寄り駅でもあるため、学生・単身者に対応したアパートやマンション物件が多数あります。

東松山市のペット可物件には駅近のものも多く、東松山駅、高坂駅から徒歩数分、物件によっては徒歩1分圏内のものもあります。たとえば高坂駅徒歩2分、1LDK44㎡、7万円という物件もあります。また広い間取りの物件も多く、2LDK以上のもの、50㎡以上の物件も複数見ることができます。ペット可の物件だからといって他の基本的な条件を犠牲にしているわけではなく、好条件の物件を見つけることも十分可能です。

家賃は幅がありますが、一人暮らしであれば相場として4万円~7万円程度(1LDK~)が目安といえるでしょう。ただし物件によっては、ペットを飼うことで敷金の積み増しが発生する場合があります。

あるゾウ賃貸館:ペット可賃貸物件(東松山市)はこちらをご覧ください。

 

まとめ

今回は、賃貸でペットを飼う場合に起こり得るトラブルから、それをできる限り回避するための注意点、さらには東松山市のペット可物件に関する情報までご紹介しました。ペット可物件といっても近隣住民への配慮や、規約をきちんと守ることが必要です。また物件ごとに周辺環境や規約をチェックし、自分とペットの生活に適した住居を選ぶとよいでしょう。