あるゾウnaviタイトルお問い合わせ

あるゾウnaviは埼玉県東松山市の株式会社松堀不動産の賃貸情報総合ポータルサイトです。当社ならではの新しい取り組みや、お得なお部屋探しプラン、賃貸物件オーナー様へのご提案を紹介しています。

HOME > あるゾウ君4コマ漫画

あるゾウ君4コマ漫画

当社のマスコットキャラクター「あるゾウくん」の4コマ漫画を掲載中!あるゾウ君の日常はドタバタとB級グルメの嵐(?)で息つく暇もありません!時事ネタも取り入れたオリジナル漫画をどうぞお楽しみください。原案は当社の代表取締役社長が手掛けています。
キャラクタープロフィールをご覧いただくとより楽しめます!

No.134「登山計画」

No.133「上州へ」

No.132「戦略会議」

No.131「酉年」

 あるゾウ店長も2017年の仕事始め!(遅くなってしまいましたが…)神社で初詣を済ませた店長からは不死鳥(フェニックス)の如き炎のオーラが!やる気満々!気合十分!に見えますが…。

 早速仕事終わりにやきとりで一杯のあるゾウ店長。ペッカ君の指摘の通り、東松山名物のやきとりは豚のカシラ肉なのですが…。こんな調子のあるゾウ店長を本年もどうぞ宜しくお願い致します!

No.130「店内」

 気が付けば12月も半ば。クリスマスも近づいてきたため、店内をデコレーションしたあるゾウ店長とぺっかくんですが、ちょっと物足りないようです。そこで店長が思いついたことは・・・。

 前々回から連続となるシロゾウくん。雪のような白いボディの彼にサンタ帽を被せて立たせておくことにしたようです。ロボットとはいえ、さすがのシロゾウくんもどこか納得いかない様子です・・・。

No.129「看板」

 前回登場した「松堀の白い奴」こと新型ロボットのシロゾウくん。そのシロゾウくんを冠した看板が、新店の入間店のみならず各店に取り付けられているとの情報が元祖あるゾウ店長のもとに。ロボットの反乱か!と思わず身を固くした店長でしたが・・・。

 その理由をイメージ戦略の一環とメッカ君から説明された店長。看板のメインビジュアルからあるゾウ君がなくなったことに関しては、平安時代の説話集にある有名な一節を引用し、店舗名に「あるゾウ」をいれることにしたようです。人(ゾウ)は死んでも名は生き続ける・・・あるゾウ店長もついに名を語り継がれる存在になったようですね!

No.128「新店長」

 いよいよ完成した入間市の新店舗。綺麗な店舗を前にぺっか君は誰が店長になるのか気になるようです。満を持して、遂に、いよいよ、ぺっか店長の誕生なのか…。

 そんなぺっか君の前に現れたのは、白いあるゾウ店長(!?)なんと、ロボゾウ君が1年がかりで開発した新型リアルロボットとのこと。新店舗の看板に使われている白いあるゾウ君のロゴは、この新型機(?)に由来しているそうです。
「見せてもらおうか、連邦じゃなかった、松堀の新型ゾウの性能とやらを」と、ぺっか君は辟易しつつも考えているに違いないですね。

No.127「入間店出店の理由」

 当社は今秋入間市に新店舗を出店することになりましたが、これまでメインの商圏としてきた東武東上線・JR高崎線沿線ではなく、全くの新エリアに進出するその理由がぺっか君は気になる様子。そこであるゾウ店長が明かした真の理由とは・・・。

 それは、おいしいラーメン屋が周りに多いから!さすが店長、新エリア開拓でもそこはブレないっすね!ぺっか君もぺっか君で、その理由が腹に落ち着いたようです。
 入居者さんにとっても、そこで働くスタッフにとっても飲食店の充実度は重要なポイント。今後もあるゾウ店長は、ラーメン屋基準で商圏拡大を進めていくことでしょう!

No.126「今、話題の・・・」

 ある日のアパマン情報館。とにかく安い家賃のお部屋を探しているお客様に、あるゾウ店長が紹介した間取り図は1Kで15,000円(!!)という激安物件。何か幽霊などが出るのではと、いぶかしがるお客様でしたが・・・。

 おもむろにスマホのカメラを物件に向けるあるゾウ店長。すると・・・出ました!確かに出ました。GPS連動型の世界的人気ゲームアプリの人気モンスターが・・・。確かに「あの」ゲームならば、建物に特徴のある物件ならスポットになっていてもおかしくないですね。

No.125「もう半年」

 光陰矢のごとし、time flies…。早くも上半期が過ぎ去ってしまいましたが、あるゾウ店長は目標額に届かないことに危機感を抱いているようです。

 ところが、あるゾウ店長が危機感を抱いていたのは自分の貯金目標額!会社の目標じゃなかったんですね…。しかもその目標は1ヶ月1万円というもの。人の事を言えた身ではありませんが、もっと目標は高く持つべきですよ、店長!

No.124「先送り…」

 先ごろ政府は消費増税の延期を決定。短期的には国民への直接負担がなくなり、中には胸をなでおろしている方もいると思います。そんな中、珍しく(?)社会派モードのあるゾウ店長は新聞を片手に宙に浮いた財源の心配をしているようですが・・・。

 ぐっさりと「仕事の先送り」についてアルムちゃんに釘をさされてしまったあるゾウ店長。日頃同じような内容で(愛のある)叱責を受けることの多い管理人にとっても耳の痛い話です・・・。

No.123「GW」

 世間はそろそろ大型連休の時期。でもあるゾウ店長たちは普段通り仕事中。そんな中、急にあるゾウ店長が「今日はGW」と言い始めて・・・。

 あるゾウ店長の「GW」、それは「ギョウザダブル」の略!これでがっつりスタミナをつけて、GWの激務も頑張ってくださいね!

No.122「桜花」

 季節は春真っ只中。足早な桜の移り変わりに感傷的になっていたあるゾウ店長でしたが・・・

 実はこのところ、お花見の宴会を連日開催していたあるゾウ店長。ぺっか君の怒りを買ってしまいました。もしかして感傷的になっていたのは、桜が散ると宴会もできなくなるから?

No.121「3月」

 暦は遂に3月に突入。我々不動産業界にとっては1年で最もお客様が訪れる繁忙期まっただ中の時期です。気合十分の司令官よろしく、スタッフにハッパをかけるあるゾウ店長ですが、ここでぺっか君が何かに気付いたようです。

 実は2016年の2月はうるう日がある月。あるゾウ君が3月だと思っていたこの日は2月29日なのでした!一気に意気消沈してしまったあるゾウ店長。さっきの気合いはどこへやら、今日は休みにしようと言い出す始末でした・・・。

No.120「大寒波」

 2014年の記録的大雪の記憶も新しい中、今年も1月末にまとまった雪が降りましたね。交通機関、とりわけ鉄道では、駅に入りきれない人が何百メートルもの列になるなど、大混乱の一日でしたが、アパマン情報館には雪に強い交通があるようですよ。

 それはぺっか君による犬ぞり!!ぺっか君は『犬権侵害』と憤っていますが、意外にありかもしれませんね。でもよく考えたら、お客さんに加えて御者として、あるゾウ店長も乗せることになる気がするので、その過酷さを考えるとやっぱりなしかもしれません・・・。

No.119「書き初め」

 2016年がついに明けましたね!仕事始めを迎えたあるゾウ店長率いるアパマン情報館では、新年の抱負を書き初めにしたためているようですよ。

 あるゾウ店長の営業部門は「全室満室」。アルムちゃんの経理部門は「送金倍増」。どちらも前向きで縁起のいい抱負ですね。一方サイコくん率いる管理部門はと言うと「滞納減少」!管理業務の厳しさを感じさせる抱負に、思わず憐憫の情を禁じ得ない一同でしたが、全部署がそれぞれの役割を十二分に果たしてこそ、入居者様、オーナー様、会社それぞれのためになるというものですよね。本年もあるゾウ店長と松堀不動産をどうぞ宜しくお願い致します!

No.118「イルミネーション」

 12月目前で世間はクリスマスムード。冬の澄んだ星空にイルミネーションがよく映える季節になりました。お店やランドマークはもちろん、個人宅でも最近はイルミネーションを見かけますが、あるゾウ店長も自宅をライトアップすることにしたみたいです。

 ライトアップされたあるゾウ店長の自宅・・・それはアパート!案の定、他の入居者からクレームの電話が相次ぐことに。戸建住宅なら問題ないのでしょうが(家族や近所に迷惑がかからなければ)、集合住宅では難しいですね。やはりイルミネーションはやるより見るのに限るようです。

No.117「マイナンバー」

 世間で何かと話題になっているマイナンバー制度。国民一人一人に番号を割り当てて、役所手続きや保険、年金、災害対策をより便利にする目的がありますが、一方でプライバシーの問題も指摘されています。いよいよ11月から本格的な通知が始まりますが、あるゾウ店長のもとにも通知らしきものが届いたようです。

 通知と思ったそれは飲み屋のつけの領収書!7がならんで縁起が良いなんて言ってる場合じゃないですよ、店長・・・。ちなみに、実際のマイナンバー通知書類は簡易書留で住民票の住所へ届くそうです。引っ越しなどで住民票を移していない方は要チェックですね。

No.116「スーパームーン」

 先日(9月28日)はスーパームーンでした。これは満月と、月の周回軌道が最も地球と近くなるタイミングが重なる時のことで、月が最も大きく見えるとされています。私も会社の帰り道に巨大な月を横目に眺めながら車を運転しましたが、あるゾウ店長はそんな天体ショーを見逃してしまったようです。

 自分の顔を月に例えられて、店長大激怒!!いつも以上に営業活動を盛んにする強化月間にすることを決定しました。ちなみに『極めてまれな物事』『ありえない事』『受け入れることのできない提案』を意味する慣用句として、欧米には「ブルームーン」という言葉があるそうですが、あるゾウ店長の強化月間もブルームーンにならないといいですね・・・。

No.115「真夏の罠」

 暑さでオーバーヒートしたロボゾウくんをお見舞いに来たあるゾウ店長。制作者という立場なのに、いつもロボゾウくんに小バカにされている店長は、痛い目を見せてやろうとある場所に誘うのでした。

 そこは激辛で有名なラーメン屋(ジャ○ク○レッジ??)。辛さでロボゾウくんが参るかと思いきや、口から火炎放射が!なるほど・・・こうやってオーバーヒートした熱を放出してるんですね(違
 ロボは熱暴走してしまいましたが、暑い日に熱いお茶を飲むと涼しくなるなんてことも言われるので、真夏日に激辛料理も案外アリかもしれませんね。

No.114「弱点」

 あついぞ!で全国的に有名になってしまった熊谷市しかり、埼玉県の中央部は夏の暑さが非常に厳しい地域です。あるゾウ店長率いるアパマン情報館でもその影響が出ているようで・・・。

 各店のPCが暑さでダウンするなか、川越店からも異常の知らせが!なんとロボゾウくんの回路も熱でやられたとのこと。普段何かとロボゾウくんにやりこめられている店長はここぞとばかりにほくそ笑むのでした・・・。が、制作者として熱対策を講じる必要があるのでは・・・。

No.113「夏の日」

 ある夏の日、おもむろにアパートの呼び鈴を鳴らすサイが一人(一頭?)・・・。当社のサイコくんでした。もはや見慣れた光景になりつつありますが、今日もワルゾウくんの家賃を督促に来たようです。

 ワルゾウくんは居留守を決めこむ腹のようですが、そこはプロフェッショナルたるサイコくん、メーターのまわり具合を見て即見抜いてしまいました。それから数時間後、ようやく面会した二人ですが、あまりの暑さにまずはかき氷を食べることで意見が一致したようです・・・。

No.112「インバウンド狙い」

 前回に引き続き、クローネちゃんのやきとり屋さんの集客方法を考えるあるゾウ店長。何かいい方法を思いついたようですが果たして?

 店長が思いついた方法は、看板を多言語化して、外国人観光客向けに訴求する方法でした。いわゆるインバウンドマーケティングってやつですね。しかし、あまりに押しの強すぎる外観のせいか、外国人はおろか、既存の常連客からも敬遠されてしまったようです・・・。

No.111「宅飲み」

 久しぶりに入居者クローネちゃんのやきとり屋さんに来たあるゾウ店長。世の中はにわかに景気が上向いているようですが、どうやらクローネちゃんのお店はそうでもないらしく・・・。

 どうやら若者の間ではいわゆる宅飲みが定着しているため、居酒屋から足が遠のいていることが事の真相のようです。確かにアルコール類の代金が割高な印象のある飲食店に比べて、コンビニでお酒とおつまみならかなり節約できそうです。でも、たまの飲みくらい少しは奮発しないと!とも思う管理人なのでした。

 それにしても、以前登場したクローネちゃんは、たしかやきとり屋のアルバイトだった(No.47、No.64、No.75)気がしたのですが、今やマスターなんてものすごい出世ですね!

No.110「梅雨空」

 ここのところ毎日雨が降り続き、気持ちもどんより曇り空なぺっか君。そんな時こそ陽気に!と語るあるゾウ店長。その通りですね、と素直に関心したぺっか君でしたが・・・。

 その真意はまさかのダジャレ!雨季雨季、ウキウキ・・・。だから部下がついてこないと、思い切り辛辣な評価を下されてしまったあるゾウ店長でした・・・。
しかし、たとえしょーもないダジャレでも、少しでも心が晴れやかになるならアリじゃないかと感じる、ペッカ君同様曇り空で気分が沈みがちで、ついには季節の変わり目で体調を崩してしまったあるゾウnavi管理人でした。